起業家が知っておくべきメンタルヘルスマネジメント

会社から独立し、起業をする人が増えています。

起業する人の多くは熱心に仕事に取り組む人が多いため、自分が働きやすい環境を模索するあまり、ついついメンタルヘルスに関することを忘れる、軽視する経営者が出てきています。

2015年の12月以降、ストレスチェック制度が義務化され、労働者が常に50名以上いるところではストレスチェックを必ずしなければなりません。その対象となるのはアルバイトやパートも含まれるため、社員が50人いなければそれでいいというわけでもないのです。

そして、値が悪い人は医師に面談させるよう促すことになります。

ビジネスジャーナルをわかりやすく説明しています。

そうすることで精神的な不調をできる限り早期に見つけ、精神疾患による休職などに対応できます。

メンタルヘルスマネジメントの過去問の情報を確認できるサイトです。

メンタルヘルスマネジメントを早期のうちにしておく理由としては、意識付けが挙げられます。

メンタルヘルスマネジメントはそう簡単にできることではなく、メンタルケアとはそういうものだという認識がなくしてなかなかできず、最初の試行錯誤の段階では間違った対応をしてしまうことも多々あります。
50名以上の労働者がいるようになってから義務化になり、それを労基署に報告しなければならなくなってからメンタルヘルスマネジメントに力を入れ始めても遅いのが実情です。



もちろん、起業してこうしたことを並行して考えることは難しいですが、社員のメンタルケアをしていくことが経営者としてのあるべき姿であるという認識を持つことで、心身ともに健康な状態で仕事をする環境を作り出すことができるようになります。